×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Profile

Shinichiro,N

1988,01,13生まれ

1994年、マリアモンテッソーリ子供の家幼稚園卒園

2000年、横浜市立青葉台小学校卒業

2006年、筑波大学附属駒場中学、高等学校卒業

2006年、法政大学法学部入学、同年自主退学

2007年、早稲田大学教育学部教育心理学専修入学

2012年、早稲田大学教育学部教育心理学専修卒業

2012年、ブレイクダウン

2013年〜再構築






メインコンポーザー、Shinichiro,Nが
影響をうけたもの

KONTON projectの原型はおそらく私が横浜のマリアモンテッソーリ子供の家幼稚園に入園する半年前くらい前に「ピアノを習いたい」と自分から言って、母親がしぶしぶ認めてくれたことです。

母の知り合いのつてで週1回から習い始めたの覚えています。何人か30〜40代の女の先生が趣味でやっているようなところで習いましたが「Mよし先生」はインパクトがつよく、ソナチネとソナタがある程度ひけるようになったこと、バッハの平均律についての知識、ある程度の理論、ショパンについては彼女に依るところが大きいです。ここに感謝の辞を捧げます。「Mよし先生」は何度も横浜市の横浜駅とはあまり関連のない土地が好きだったらしく何度も引っ越しを重ねておりましたが、3匹の子犬とグランドピアノ、アンティーク家具は彼女の生活には欠かせないようでした。

僕が覚えている最初に作曲したきちんと題名のついた曲は「無力なショパンふんだ子猫ふんじゃった」です。当時4歳でした。ちょうどバブルがはじけた後です。どんな曲かはおぼえていませんが、ピアノだけの10分超の曲だったと記憶しております。




また、私の音楽の原点は父、母の影響が強く、

父は中学高校時代はビートルズやツェッペリン、クイーン、クリームあたりを好んでいたようです。

当時家庭教師の時給が今と比べものにならないくらいものすごく高給だったらしく、実家にカシオのLDプレイヤーとONKYOのスピーカがあります。2012年の時点で問題なく動作していました。


一番インパクトが強かったのはBlack SabbathのSabbath Bloody Sabbthの日本語版LDを発見したときですかね。Led ZeppelinはTからWまでありました。

あとはマイルス・デイヴィスとか、ジャズがたくさんありました。Emerson, Lake & Palmerとかのプログレもそこそこ好きだったみたいです。

大学に入学してからは渋谷のJAZZ喫茶を巡っていたらしく、楽器はピアノとドラムをはじめ、早稲田祭でBlack Sabbathのカバーバンドのドラムを担当したそうです。ちなみに父は早稲田大学ではありません。


母は中学高校時代は謎につつまれていますが、大学時代はPink Floydにはまっていたらしく、これまた実家にPink FloydのThe Dark Saide of The Moonの日本版のLDがあります。やっぱりああいうのはLDで聴くように作られていますね。



僕自身はドラムはYAMAHAで3か月
クラシックの声楽は半年
ロックのボイストレーニングは2か月
ピアノは10年近く
習っていましたが

他はすべて独学です。

ギター、ベースも一応弾けますが

本当に上手いやつからしたらダメダメです。

まあでも、弾けないよりはいいんじゃないでしょうか。

機材にはそれなりにこだわりがあります。

一番苦手なのはマスタリングとボーカル、ドラムのミックスです。あと周波数カット、ノイズゲートが苦手。










ciao
    


   の       ば       ん   さ
      ん           か      
い